子連れ北海道旅行~旭川⇒帯広、4泊5日子連れ道央横断旅行記~

2019年のゴールデンウィーク、未就学児(4歳なりたて男)と小学校低学年(男)を連れて、北海道旅行に行ってきました。
今回旅したのは北海道道央。
初日に旭川空港に降り立ち、レンタカーで北海道道央を旭川、美瑛、富良野、帯広と南下、帯広空港から戻ってきました。

本記事では、旅のルート、実際に行ってよかったおすすめスポット、ゴールデンウィーク(年間最盛期)の各スポットの混雑状況をまとめてみました。

北海道旅行を計画されている方、特に、未就学児と小学校低学年を連れて北海道旅行を計画されている方、初夏に北海道旅行計画されている方の参考になれば幸いです。

旅の全体像

全体のルートは以下のような感じです。
旭川、層雲峡、美瑛、富良野、トマム、帯広と南下 しました。

旅程概略

上記のルートを5日間かけて、子連れでも無理のないであろうペースで回りました。
1回の移動時間は、長くても1時間半程度となるように調整しました。
(未就学児は飽き、小学生男子は酔うため)

1日目~旭山動物園で遊ぶ~

旭川空港➡旭山動物園➡層雲峡の宿に泊まる

1日目は午前中は飛行機での移動。午後は旭山動物園を回り、層雲峡で温泉に入りました。

この日訪れたスポットのゴールデンウィークの混雑具合

旭山動物園はやや混雑していました。でも、園内が広いのでそれほどストレスは感じない程度。詳細はこちらをご覧ください。

2日目~大雪山付近で雪を感じ、美瑛で美しい景色、地元の食材を味わう~

層雲峡の宿➡層雲峡観光(銀河の滝)➡道の駅とうま➡美瑛専科➡四季彩の丘➡青い池➡フラノマルシェ➡唯我独尊(オムカレー)➡富良野のビジネスホテルに泊まる

2日目は再び旭川を通り、美瑛で遊び、富良野に移動しました。

※当初の予定では黒岳ロープウェイに乗る予定だったが、強風のため予定変更
2日目は層雲峡、美瑛、富良野をまわりました。

この日訪れたスポットのゴールデンウィークの混雑具合

この日訪れた青い池は結構混雑していました。
今回の北海道旅行の中で一番混んでいました。
その他スポットは全く混雑なしでした。青い池の混雑状況などはこちらをご覧ください。

3日目~牧場体験をし、富良野の食を楽しむ~

富良野のビジネスホテル➡ファームズ千代田➡ひつじの丘でジンギスカン食べる➡ふらのジャム園➡道の駅南ふらの➡星野リゾートトマムに泊まる

3日目は、富良野をまわりトマムに移動しました。

この日訪れたスポットのゴールデンウィークの混雑具合

ひつじの丘(ジンギスカン)が混んでいました。ファミレスのように名前を書いて待つ仕組みで、12時前について、40分ぐらい待ったでしょうか。

ふらのジャム園のアンパンマンショップもなかなか盛況でした。
詳細はこちらをご覧ください。

4日目~アウトドア体験と星野リゾートを楽しむ

星野リゾートトマム➡️サホロ湖でカヌー➡星野リゾートミナミナビーチでプール遊び

この日は星野リゾート発のアクティビティーに参加後はプールで遊びました。

この日訪れたスポットのゴールデンウィークの混雑具合

アクティビティーは予約制で人数制限があるため、特に混雑はありませんでしたが、予約はいっぱいとのことでした。
ミナミナビーチはかなり人がいました。波で流されると、他の人に当たってしまうぐらい。

5日目~空港で遊び帰宅~

トマム➡帯広空港

未就学児と小学生低学年におすすめの北海道道央スポット

旅の経験を踏まえ、道央の観光地で、未就学児(4歳)と小学生低学年男子におすすめしたいスポットをご紹介します。

未就学児3歳から5歳ぐらいにおすすめのスポット

旭山動物園@旭川

定番ではありますが、年齢を問わず訪れる価値のある動物園です。
よく知られているように、広い園内、一工夫ある飼育施設、工夫された展示方法、普通の動物園とは一味違った深い面白さがありました。

パズルやクイズ、学びになる知識が書かれた展示もあり、動物を見るだけでない、楽しみがたくさんあります。本当に学ぶところの多い良い動物園です。

四季彩の丘@美瑛

美瑛・富良野地区には沢山の花畑があり、どこに行けばいいのか迷ってしまいます。子連れにおすすめなのは、四季彩の丘。

アルパカ牧場やバギー乗車体験などがあり、花にあまり興味がない子供も、そして花が咲いていない時期でも楽しむことができます。

特に下の子はアルパカ牧場でのアルパカの餌やり、かなり気に入っていました。1~2歳の子も上手にエサをあげていました。

バギー乗車は面白いので、特に男の子にお勧めです。是非乗ってみてくださいね!

ファームズ千代田 @美瑛

ヤギや羊馬への餌やりはもちろん、乳搾り牛の赤ちゃんへのミルクやり、アイスクリーム作り、生キャラメル作り作りなどなど色々な体験ができる牧場です。
(なんとウエディングもできるそうです。)
入場無料というのも凄いです。

ふらのジャム園 @富良野

こちらただのジャムショップではありません。
20種類以上のジャムの試食ができ、併設されたカフェではアイスやスイーツを楽しむことができます。
事前に予約をすれば、ジャム作り体験もできるようです。

そしてすごいのはお隣のアンパンマンショップ。こちらなかなかの充実ぶり。
2階にはやなせたかしさんの原画がたくさん飾られており(素晴らしいです)、絵本を読むことができるソファがあります。

おチビさんには外せないスポットです。

サホロ湖でカヌー

トマム周辺のアクティビティーと言えば、「空知川ラフティング」が有名ですが、ラフティングは年齢制限「6歳以上」としているところが多い模様。
おチビさん連れでも体験可能なアクティビティとして、カヌーがオススメです。

星野リゾートミナミナビーチ@トマム

旅の後半は初星野リゾートに泊り施設内のプールで遊びました。
こちらのプールの人工波、意外と侮れません。
波打ち際は結構破壊力のある波が来ます。
パワーを持て余しているおチビさんに特にオススメです。

小学生低学年にオススメのスポット

旭山動物園、四季彩の丘、ファームズ千代田は小学生低学年にもおすすめです。

ひつじの丘 @富良野

広大な景色をみながら、ジンギスカンを楽しめるスポットです。
雪のない季節のみの限定OPEN。
富良野の花畑より食い気の小学生男子におすすめです。

旭岳トレッキング

夏であれば旭岳トレッキングに挑戦し海道の雄大な自然を肌で感じてみたいところです。
初心者向けのコースであれば、小学生の低学年くらいから挑戦できそうです。

空知川ラフティング

年齢制限は様々ですが、小学生以上であれば、少し冒険して空知川ラフティングにチャレンジできます。
我が家も将来チャレンジしてみたいと思っています。

理想の旅程

以上のおすすめスポットを通れるような理想のプランを考えてみました。

  • 1日目 旭川空港➡旭山動物園➡旭岳ロープウェイ周辺の宿に宿泊
  • 2日目 旭岳トレッキング➡美瑛の宿に宿泊

※旭岳など大雪山付近はゴールデンウィーク頃まではスキーが出来るほど雪が残っていますので、トレッキングをするなら七八月。

ゴールデンウィーク以前であれば、スノーシューのプランとするのもよいかもしれません。

  • 3日目 美瑛、ファームズ千代田で牧場体験➡富良野 四季彩の丘等で花畑の中バギーに乗る➡トマムの宿に宿泊
  • 4日目 ラフティングやカヌーなどのアクティビティを楽しむ
  • 5日目 トマム➡帯広空港

天候や季節の関係でできないアクティビティーなどもありますので、 どうぞ事前にお確かめください。

北海道道央、都会っ子には新鮮な体験になることばかりでした。是非、また訪れてみたいです。
実際の各スポットの様子を次の記事にまとめています。各スポットの詳細はこちらをご覧ください。