子連れ北海道道央(旭川⇒帯広)旅行3日目~牧場体験をし、富良野の食を楽しむ~

2019年のゴールデンウィーク、未就学児(男)と小学校低学年(男)を連れて、北海道道央(旭川⇒帯広)横断旅行に行ってきました。本記事では、旅の3日目の様子についてまとめています。

旅の全体像はこちらをご覧ください。

3日目の旅程概要

富良野のビジネスホテル➡ファームズ千代田➡ひつじの丘でジンギスカン食べる➡ふらのジャム園➡道の駅南ふらの➡星野リゾートトマムに泊まる

3日目は美瑛・富良野で遊びました。

ファームズ千代田に行きました。

富良野から少し北上し、ファームズ千代田に向かいます。
ファームズ千代田はなんと入場無料! の牧場です。
こちらで牧場の動物たちと触れ合い、牛の赤ちゃんにミルクをあげ、チーズを作りました。

動物たちと触れ合う

100円で餌を買い、馬、ヤギ、ヒツジ、ラマにエサをあげます。

牛の赤ちゃんにミルクやり

つづいて、牛の赤ちゃんにミルクをあげました。
赤ちゃんとはいえすごい吸引力!
体験しないとわからないですね。

すごい吸引力!
ジャージーの赤ちゃん、すごく可愛い。

チーズ作り

そして、チーズ作りをしました。
チーズ作りはとれたてのジャージー牛乳に酸(レモン汁)を加えて固めるという簡単なもの。
所要時間は10分少々でした。

お鍋で牛乳を温め、レモン汁を入れます。

牛乳をのむ

広大な牧場を眺めながらビンの牛乳を飲みました。ノンホモ牛乳なのでコクがあっておいしいです。
ノンホモって何?という方はこちらをご覧ください。

ひつじの丘でジンギスカン

お昼はジンギスカンを!
ひつじの丘は北海道ミシュランにも掲載されたことがあるジンギスカンのお店です。
景色のよいオープンテラスで炭火でジンギスカンをいただくことができます。

1時間弱待ちました。

人気店だけあって、12時前に店につき、1時間弱待ちました。
お店はキャンプ場の中にあります。
また、敷地内にはウサギ小屋があり、ヒツジが買われており、こどもたちは待ち時間の間そちらで遊ぶこともできます。

炭火でいただくジンギスカン。

ジンギスカンは炭火でいただきます。肉の種類は3種類。
イチオシはサフォークとのことでした。
私はミルクラムが食べやすくて好きでした。
1人前1000円を切るリーズナブルな価格で、焼肉を食べることを思えばかなり安いと感じました。

ふらのジャム園

その後、ふらのジャム園に向かいました。
並ぶという訳ではありませんでしたが、やや、混雑していました。

20種類以上のジャムを試食、購入可能

店内には、定番のいちご、ブルーベリーはもちろん、ブドウ、にんじん、カボチャ、北海道らしいハスカップのジャムなど、さまざまなジャムが並んでいます。クラッカーにのせて試食が可能です。
カフェもあり、スイーツ、コーヒーなどいただくことが出来ます。

アンパンマンショップが凄い

隣のアンパンマンショップがかなり充実しています。
一階には見たことがないほど多くのアンパンマングッズがひしめき、2階にはやなせたかしさんの原画がかざられています。
2階ではソファで絵本を読むことも出来ました。
原画が素晴らしいです。
大人にも是非見ていただきたいです。

アンパンマングッズの充実ぶり!!
二階の原画をぜひご覧ください。

道の駅みなみふらの

途中道の駅みなみふらのにより、トマムに向かいます。
この当たりで一度ガソリンチャージしました。

星野リゾートトマム

1時間ほどドライブして、本日の宿に到着します。
庭は美しく飾られ、夜は花火もあり、完全なリゾートを楽しみます。

花びらで描かれた絵がお出迎え。

四日目に続きます。