【体験】「紙ってどうやって作るの?」と聞かれたら。幼児にも簡単!紙すき体験@紙の博物館

先日、長男から
「紙ってどうやって作るの?」
と質問されました。
では、やってみましょう、と北区王子の飛鳥山公園にある紙の博物館で紙すき体験をしてきました。

紙の博物館について

紙の博物館は、王子駅近くの飛鳥山公園の中にあります。

すき体験をしています。
紙すき体験にかかる費用は紙の博物館の入場料のみです。
(大人300円、子供円、未就学児無料)
体験自体は無料でできます。
詳細はホームページをご覧ください。

紙すき体験について

紙漉き体験をするには、整理券が必要です。
整理券は、12:50~受付で配布しています。
13時ちょうどにつき、受付で整理券を受け取ったところ、「15」「16」と書かれた券をもらいました。
親の私の分も一緒にいただきました。

Evernote Camera Roll 20160918 060709

体験は地下一階のホールで行います。
最初に10分程スタッフの方の説明を聞きました。
この説明、幼児にもわかりやすいように工夫されていました。
これまで色々な科学イベントや博物館に行っていますが、小学生以上向けのものが多いため、幼児にもわかりやすい説明はあまりありません。

その後紙すき体験をします。
まずはすきな模様の入った型を選びます。
この模様は完成時には透かしになります。

Evernote Camera Roll 20160918 060710

これに、

  • 牛乳パックを材料にしたどろどろの液を流し込み、
  • ぎゅーっと圧をかけて水を抜き、

(この2工程は私自身作業で手が使えず写真が取れませんでした…)

  • アイロンで乾かして、
Evernote Camera Roll 20160918 060710
  • 完成!
Evernote Camera Roll 20160918 060711

 

紙すき体験@紙の博物館を幼児にお勧めする2つの理由

1.説明・体験共に幼児向けである

普段、こういった体験ものに参加するときは、親の私自身は子供の面倒を見るので忙しくて体験できないことが多いのです。
しかし、こちらはスタッフの方々が幼児に慣れており、親は手をかけなくても完全にスタッフ側で面倒を見てくださる点が好感でした。
おかげで私も紙すき体験できました。
(完成写真は、左:長男作、右:ママ作です。)

説明も体験もごくごく短い時間なので幼児にはお勧めです。
博物館の展示は、さすがに大人や小学生以上向けなので、こちらは幼児にはあまりウケがよくないかもしれません。
でも、大人入場料300円、未就学児は無料なので、紙すきだけで十分ありがたい施設です。

2.飛鳥山公園の中にある

そして、博物館をでて目の前は飛鳥山公園の遊具の広場です。
こちらの遊具は大変充実しています。
紙漉き体験の前後は遊ばなければもったいない!

是非、紙漉きと公園満喫してください!

Evernote Camera Roll 20160918 060731