【化学】つかめる水を作ってみよう!

先日、5歳長男と一緒に、「つかめる水」を作ってみました。

IMG_0838

つかめる水って何?

ジェル状の膜で水を包み込んだものです。

ジェル状の部分は昆布やわかめに含まれるアルギン酸と、カルシウムからできており、食べることもできます。

 

材料

食用アルギン酸ナトリウム 1g

食用乳酸カルシウム 2.5g

水 100cc+400cc+洗浄用

※水道水でOKです。

 

道具

空のペットボトル

ボール 2つ

おたま

穴あきおたま

キッチンスケール

 

作り方

1.水100ccをペットボトルに入れます。

2.ここに、アルギン酸ナトリウム1gを加えます。

3.なかなか溶けませんが、ここが唯一頑張りどころ。

完全にとけるまでふります。

IMG_0831

4.気泡が抜けるまでおいておきます。その間に5~6をします。

5.ボールに水を400cc入れます。

IMG_0832

6.乳酸カルシウム2.5gを加えて混ぜます。

7.4でつくったアルギン酸ナトリウム水溶液をお玉にいれて、6.でつくった乳酸カルシウム水溶液にそっといれます。

8.3分後に穴あきおたまじゃくしですくいとります。

IMG_0836

9.水をはったボールの中で洗って、完成!

コツ

  • アルギン酸ナトリウムの全体が乳酸カルシウムに浸るようにします。アルギン酸ナトリウムと乳酸カルシウムが接触し反応することによって、ジェル状の膜ができます。接触しない箇所があると膜に穴が開いてしまいます。
  • 乳酸カルシウム水溶液に浸す時間は様子を見ながら調整します。長く浸すと固めになります

 

つかめる水

感想

スライム好きの長男にはとても楽しかったようです。

スライムと違って、安全な材料のみでできますので、小さいお子さんにもお勧めです!

 

「Ooho!」って?

「Ooho!」って聞かれたことあるでしょうか。

『Ooho!』は、食べることもでき、生物分解性のあるウォーターボトル。英ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートを卒業した3人のデザイナー/エンジニアが結成したイノベーション・ラボ『Skipping Rocks Lab』のメンバーが共同で手掛けた初プロジェクトだ。

時代はペットボトルレス!持ち運べる水「Ooho!」の作り方

ペットボトルが大量に廃棄される社会問題の解決策として、このつかめる水がペットボトルにならないかという提案がされたそうです。

強度が弱いので持ち運びにはちょっと向いていなそうですが……実用化したら楽しいですね(^^♪