日本科学未来館に行ってみた!

日本科学未来館に行ってきました。

1.はじめに

1.1.基本情報

1.2.いつ行ったの?

2016年1月8日、混雑が予想される三連休の中日に突っ込んできました。

1.3.誰と行ったの?

5歳長男、1歳次男、パパ、ママ。我が家のフルメンバーです。

2.前日

日本科学未来館にはドームシアターという半球状のスクリーンで30分の映像を楽しむことのできる施設があります。
ドームシアターは予約可能です。
というわけで、前日にチケットを予約しました。
これ予約して、本当によかったです。
このチケットが当日思わぬパワーを発揮したのです。

3.当日

3.1.出発

日本科学未来館はお台場にあります。
我が家からは少々アクセスが悪いこともあり、開館時間10時に着くよう、少し長めに時間を見積もって家をでました。

3.2.次男が駅まで歩くといいだす

しかし、1歳次男がまさかのベビーカー乗車拒否。
大人の足なら10分かからないはずですが、
駅まで20分の以上かかるという悲劇に見舞われます。

3.3.ドームシアター上映開始時間ギリギリにつく

途中からベビーカーに乗る気になった次男。
巻き返すものの、ベビーカーでの移動はエレベーターの待ち時間、迂回もありなかなか時間がかかります。
科学未来館についたときには、10時25分ドームシアター上映の5分前でした。
ギリギリ間に合いそう!
しかし!

3.4.入館チケット販売窓口、すでに大混雑

科学未来館の開館時間は10時。
10時25分には、入館チケット販売窓口にはすでにたくさんの人が並んでいました。
その数4、50人。
これ並んだら絶対間に合わんわー、と諦めかけたそのとき。
「10時半上映のシアターガイアのチケットをお持ちのお客様、いらっしゃいましたらお声おかけください」という、スタッフの女性の声が!
速攻申し出ると、チケット購入の列に並ばずに中に入れていただけました。
おかげで、上映も間に合ったし、列に並ばずに済んだし、ダブルでとてもラッキーでした。
チケットを予約しておいて、本当によかった。

3.5.シアターガイアでの失敗

しかし、私はここで一つミスをおかしました。
シアターガイアは、未就学児は大人の膝に座るなら無料とかいてあったので、チケットを大人二枚分しか購入しませんでした。
シアターガイアは、特殊メガネをかけて立体映像を楽しみます。
そのメガネが、席の数だけしかかりてもらえなかったのです。
やむを得ず、一つは5歳長男に、もう一つを大人2人で交代で使いました。
幼児さんはケチらず、座席を一つ確保することをお勧めします。
そして、1歳次男はなんとか、おとなしくみていてくれましたが、ちょっと怖かった様子。
暗闇や大きな音がでます。苦手な子には厳しいかもしれません。
今回見たのは「9次元からきた男」。
大変難しい内容ではあったのですが、大人にはもちろんおもしろく、5歳長男もそこそこ楽しんでいた模様。
内容がわからなくても、3Dを楽しめますので、幼児さん以上であれば、体験をおすすめします。

3.6.おやっこひろばの整理券を取りに行く

シアターガイアを出てすぐに、おやっこひろばの整理券をもらいに行きます。
おやっこひろばは乳幼児連れであれば、絶対訪れるべきポイントです。
おやっこひろばは各回45分の入れ替え式で、整理券方式です。
本当は入館したらまず、こちらの整理券をもらうのがベストです。
今回は、取り敢えずシアターガイアに飛び込んだので、少々出遅れました。
11時過ぎにおやっこひろばのある3階を訪れたところ、12時からの整理券をもらうことができました。

3.7.レストランで前倒しランチ

おやっこひろば体験前に、混雑する前のレストランでお昼を食べてしまおう、と7階のレストランに向かいました。
私たちが着いた11時20分ころは、すいていました。
長男は期間限定の麺メニュー、次男はお子様カレーを注文。

期間限定の麺

お子様カレー。目玉焼きがのってたけど……

2人ともサクッと完食です。
私たちがレストランを出る12時近くになると、結構混んできました。

12時近くになると満席

やはり、館内のレストランを利用するのであれば
早めが鉄則です。

3.8.おやっこひろば

昼食後、おやっこひろばに向かいます。
最初にスタッフの方の注意事項を聞いてから、おやっこひろば内で自由に遊びます。
2人がまず最初に向かったのは坂道。
ただ長い坂道を色んなものを転がしてみたり、自分が転がってみたりするだけなのですが、ものによって転がりかたが違う不思議を2人とも随分長い間楽しんでました。
その後は、絵を描いて、
それをデイスプレイに映してみたり。
工作したり、巨大ブロックをしたり。
45分はあっていう間にすぎました。

 3.9.ASIMOのパフォーマンスをみる

13時からASIMOのパフォーマンスをみました。
開始前から大勢がASIMOがパフォーマンスする広場を囲み座って待ち構えていました。
が、前に並んだ子どもたちは地面に座らされますので、後ろからでも、まあまあ見えます。
それほど前から並ばなくてもよいかもしれません。
ASIMOはケンケンしたり走ったり、想像以上に運動能力が高かったです。

3.10.3階と5階の展示をみる

ASIMOを見た後、次男は沈没。お昼寝に入りました。
あーベビーカーもってきてよかった。
長男と展示をみて回りますが、どの展示も結構混雑しています。
比較的すいていて、1番楽しめたのは、5階のビック絵本でした。

絵本の表紙

ボタンを押したり、レバーを引いたりしながら読み進めていきます。

3.11.カフェでおやつ

展示をみたあと5階のカフェでおやつを食べました。
長男はパパとすごい色のソフトクリームをシェア。
そうこうしているうちに次男お目覚め。
おやつを食べた後、家路に着きました。

カフェのメニュー その1

カフェのメニュー その2

カフェのメニュー その3

4.乳幼児連れで科学未来館を訪れるときの攻略ポイントまとめ

  • シアターガイアのチケットは予約すべし
  • 開館時間に到着すべし
  • 入館したらまずはおやっこひろばの整理券をとるべし
  • レストランは11時半には入るべし
次回は、きちんと入館時間に訪れ、今回混んでて体験できなかった展示、見きれなかった展示を、すいているうちにまわってみたいです。
日本科学未来館、設備充実、見どころたくさんの、とても楽しい科学館でした!