【子どもの疑問】雪ってどうやって作るの? 人工雪の作り方。

「わー雪だ!!」
真っ赤なソリを持って、雪の坂を駆け上る長男。
「ママ!   一緒に滑ろう!」
一緒に滑るとなかなかスピードが出て迫力がありました。
ここは箱根の雪遊び広場。
今年は、東京は雪が積もりませんでした。
私たち家族は、雪に恋い焦がれる子どもをつれて、箱根の人工雪で作られた雪遊び広場に遊びにきたのです。

人工雪ってどんな雪?

箱根園の雪遊び広場の雪は、雪と言うよりは氷でした。
初めて見る人工雪は、
大粒でざらざらしていました。
長男から質問が出ました。
「ねーママ。雪ってどうやって作るの?」

回答   人工雪の作り方

人工雪の作り方には大きく2種類あります。
  • 人工増雪機
  • 人工降雪機

です。

人口増雪機は氷を作り、それを砕いて噴射するものです。
その粒の大きさからみて、箱根園の人工雪は、増雪機で作ったもののようです。
人工降雪機は断熱膨張を利用して、雪を作るものです。
まず空気と水を圧縮するので、コンプレッサーが必要になります。
人工降雪機で作った雪は大粒でザラザラしましたが、そり遊びには十分。
子どもたちは、存分に雪を楽しんだようです。